hanakota horse club

中央競馬で行われる日曜日の重賞レースの展望を中心に、競馬にまつわるお話をお届けします。

【重賞展望_東西金杯(2019)】一年の計は馬場読みにあり

皆さん、新年あけましておめでとうございます。本年も引き続き「書けるときだけ」となってしまいそうですが、当ブログをどうぞよろしくお願い致します。さて、年が明けはや4日。明日はいよいよ競馬バカの元旦、東西金杯が中山、京都を舞台に行われます。「一…

<重賞展望_東京大賞典(2019)>盛り上がるかな?東京大賞典

クリスマスが終わりすっかり年の瀬ムードな仕事納めの今日。明日は競馬納めとなる東京大賞典が大井競馬場を舞台に行われます。昨年は有馬記念で有終の美を飾ったキタサンブラックに続き、同じく引退レースとなったコパノリッキーが鮮やかな逃げ切りを魅せ、…

<平成最後の有馬記念特集>第2回 もうまとめてやっちゃいます(^-^;

当初3回としていた平成最後の有馬記念特集。すみません……、年末に差し迫っても記事を書く時間が取れず……。第2回に予定していたオジュウチョウサンの見立ては今日のレース展望に添えるかたちで、印とともに紹介しようと思いますので、あしからずでお願いしま…

<平成最後の有馬記念特集>第一回 私的平成有馬五番勝負

宣言通り(良いことではありませんが……。)、2週間のお休みをいただき、これまたお約束通り、有馬記念ということで戻って参りました。今日から始める有馬記念特集では、3回に渡りさまざまな角度から週末の有馬記念を楽しめるよう、レースの展望はもちろんのこ…

<重賞展望_チャンピオンズカップ(2018)>2週連続の偉業はなるか?ーダート新時代の趨勢を占う

2分20秒6の衝撃。あれから一週間が経ついまも、その余韻に浸りきっている私ですが、つくづくあのレコードというのは感慨深いもので、不朽の世界レコードとされたホーリックスの2分22秒2から数えること30年。何の因果か、その30年後にあたる平成最後の年に、…

<重賞展望_ジャパンカップ(2018)>ハダカの乙女は好きですか?ハイ!もちろん!大好きです!!

今日は、こんなに"イヤな"ジャパンカップのレース展望をお届けしなければなりません。我ながら不謹慎なタイトルということはわかりきったことですが、ちょっとでもおもしろくできるよう、まずは今年のジャパンカップを"イヤ"にしているあの馬について、私な…

<重賞プレビュー_ジャパンカップ(2018)>こんなジャパンカップはイヤだ!

早いもので今週は2018年最後の府中開催。そういえば、去年はシュヴァルグランの強さ、というかボウマン騎手の手綱捌きに度肝を抜かれたなあ……、なんて思い出に浸ってるわけですが、今年も時を同じくして、ジャパンカップがやってきます。が、なかなかテンシ…

<重賞展望_マイルCS(2018)>今週は軽くで失礼します。

GⅠですけど、すみません。今週は軽くで失礼し、マイルCSの印だけ、ご紹介させていただきます。◎ 4枠8番 モズアスコット今年のメンバーはこのモズアスコットをはじめ、ペルシアンナイト、アエロリット、エアスピネル、アルアイン。このあたりはかなり拮抗した…

<重賞展望_エリザベス女王杯(2018)>道中での位置取りと、追い出しのタイミング

なんだかGⅠでも予習を書かないのが普通になってしまった感じもありますが、ここから年末までは、毎週GⅠとなりますので、展望だけでもがんばりたいところです。では、連続GⅠの幕開けにして、秋シーズン後半戦のトップを飾る牝馬決戦!エリザベス女王杯を展望し…

<重賞展望_JBC(2018)>JBC競走、初の中央開催における予想の注意点

明日は中央と地方の交流の象徴、ダート競馬の祭典であるJBC競走が、史上初めて中央、京都競馬場にて行われます。そこで今週の展望は、その京都開催のJBC を予想するうえでの注意点と題し、中央開催だからこそのポイントにおさえ、3レースそれぞれ、軸と穴、…

<重賞展望_天皇賞・秋(2018)>今日のポイントは中盤!道中の位置取りが勝負を分ける!!

さ、明日は(というか日付変って今日は)いよいよ平成最後となる秋の天皇賞。良馬場の絶好のコンディションのもと、群雄割拠という言葉がまさにぴったりなメンバーでの一戦はどんな決着をみることになるのか。今日は前回ポイントにあげた項目を中心に、それに…

<重賞プレビュー_天皇賞・秋(2018)>今年一番(おそらく!)の好メンバー、いざ!平成最後の天皇賞!!

クラシックが"よもや"の形で幕を下ろし、いよいよ今週は秋の大一番のひとつ、天皇賞・秋が東京競馬場を舞台に行われます。ダービー馬 ワグネリアンの出走こそ叶いませんでしたが、今の競馬界を象徴するかの如く、2000mのこここそ、の熾烈極まるメンバーが揃…

<重賞展望_菊花賞(2018)>わかっちゃいるけど、買いたいのは……。

今週はばっちり?予習もしたことですし、明日の菊花賞、バシッと的中できるよう、今日はレースの展望をお届けします。いつもの通り、まずはレースのポイントをいくつかあげていきましょう。馬場今週の京都は先週までの秋雨模様から一転、特に雨らしい雨が降る…

<重賞プレビュー_菊花賞(2018)>関西GⅠにおける予想の鉄則

土曜日の休日出勤のおかげか?たまたま昨日が仕事のエアポケットだったのか?理由はさておき、なぜか時間ができましたので、この秋は最初となるGⅠの予習、菊花賞のプレビューをしたいとおもいます。因みに、今シーズンからこのコーナーは、「重賞プレビュー…

<重賞展望_秋華賞(2018)>競馬用語解説~相手選び~

競馬における相手選びとは、誰がどうみても勝つ馬がまあ決まっていて、重要なのは2、3着にくる馬が何か、それを当てることをいいます。今週からGⅠが続くのに昨日も休日出勤……、相変わらず予習を書く余裕すらないなかですが、これぞ正しく相手選びな秋華賞を…

<重賞展望_スプリンターズS(2018)>GⅠだけど、簡単に……。(ごめんなさい)

今週からはいよいよ、秋のGⅠシリーズがスタート!しかし、いつになったらちゃんと書き始めるのか?相も変わらず平日のお仕事に忙殺される日々……。今日もこの時間に簡単版でポイントと印だけになってしまいますが、どうぞお付き合いくださいませ。◼️ポイント今…

[重賞展望_ローズS(2018)]決め手勝負も◯◯に要注意

秋競馬は今週で2週目。来るべきGⅠシーズンに向け、その前哨戦が東西で本格化してきましたね。今日はそのなかでも牝馬三冠の最後のひとつ、秋華賞への最重要トライアル、ローズSを展望します。◼️競走条件舞台となるのは阪神外回り1800m。ワンターンのコース設…

<重賞展望_新潟記念(2018)>ポイントはパワー&スタミナ!

さて、早いもので今日から9月。皆さん、今年の夏はどんな夏でしたか?私はというと、ブログの方はちょっと休みがちになってしまいましたが、夏のローカル開催最終週ということで、夏の終わりの風物詩、新潟記念を展望してまいります。それでは、前回の札幌記…

そろそろ競馬モード

皆さん、ご無沙汰しております。ここ最近、すっかり高校野球に熱中しており、週末になっても競馬にあまり関心がいかない日々を過ごしておりました。でも今日はその高校野球が休養日、しかもそれが札幌記念の日となれば、ブログも更新せねば!ということで、久…

【重賞展望_函館記念(2018)】夏負けのため今日は印だけ

すみません。今週は会社の研修やらで、昨日までお仕事と、相変わらず競馬どころではない忙しさで、馬よりも先に私自身が夏負け気味であります…。先々週につづき、今日も簡略版での更新となりますが、函館記念の印だけご紹介したいとおもいます。◎ 4枠6番 エ…

【重賞展望_JDD(2018)】力の差はあれど……

障害の絶対王者オジュウチョウサンの平地挑戦、マテラスカイの日本レコード、そしていかにも夏競馬な大荒れの七夕賞と、何かと話題が豊富だった先週末の中央競馬。今日はところかわって、地方大井で行われる3歳ダートチャンピオン決定戦、ジャパンダートダー…

【重賞展望_プロキオンS(2018)】アベコベな馬場と展開、軍配はどちらに?

春のGⅠが終わり、決して気を抜いたわけではなかったのですが、時間がないなかでの予想はどうしても精度が落ちますね。(かといってじっくり予想したのがよいとも限りませんが…。)今週も変わらずあまり時間がないのには変わりませんが、先週に比べれば幾分マシ…

【重賞展望_ラジオNIKKEI賞(2018)】すみません、今日は簡易版です。

今週は平日、休日ともかなりタイトな予定でして、ブログの構成がまったくできておりません…。なので非常に心苦しいところではありますが、更新だけはちゃんとしよう!ということで、今日は展望をお届けする予定だった明日の福島メイン、ラジオNIKKEI賞のおす…

【重賞展望_帝王賞(2018)】チャレンジ企画!3連複1点勝負!!in 帝王賞

宝塚記念はミッキーロケットが見事、悲願のGⅠタイトルを手にしました。馬券の方は残念な結果となってしまいましたが、和田騎手の渾身の騎乗にはグッとくるものがあり、先日天国へと旅立ったテイエムオペラオーへのこれとない餞となったことでしょう。しかし…

【重賞展望_宝塚記念(2018)】基本的には底力比べ、真っ向勝負か、間隙を縫うか

さて、明日はいよいよ春のグランプリ、宝塚記念です!今日は特にネタもありませんので早速、レースの展望へと入ってまいりましょう。◆力は要れどスピードが死ぬわけでは…まずは気になる馬場状態。今日の阪神地方はお昼の競馬中継が始まる頃は良発表だったも…

【重賞ポイントチェック_宝塚記念(2018)】馬場適性と不気味なサトノ軍団

月曜日にあった地震の影響が心配されたなか、週末の宝塚記念はそのまま開催の運びとなりました。いち不謹慎な競馬バカとしては、無事予定通りの開催に胸を撫でおろしつつ、微力ながら私の馬券購入が被災地域の復興に役立てていただけることをJRA様に願い、今…

【重賞展望_ユニコーンS(2018)】当て方、教えます~東京ダートワンターン篇~

先週は久しぶりにブログで紹介した馬できちんと決着。これがGⅠじゃないのが、何ともな感じではありますが、とにかく当たりが出ることが大事ですので、この流れを引きつづきたもてるよう、今日もしっかりとレースを展望してまいります。先週の終わりにも少し…

【重賞展望_エプソムカップ(2018)】それぞれのエプソムカップ、気持ちは結果につながるか

今年も終わってみればあっという間に過ぎさった6週連続のGⅠウィーク。宝塚記念までしばしの小休止的な今週と来週は、いつもの週1ペースの更新で、日曜日に行われる重賞をテーマにレースの展望をお送りしてまいります。今日のお題は明日の東京メイン、エプソ…

【重賞展望_安田記念(2018)】依然とした高速馬場、コース取りの巧拙、そして運が命!

週中に予想された雨はさほど降ることなく、既に昨日時点で良発表となっていた東京の馬場。開催が替わった今日も引きつづき顕著な高速状態を維持する条件のもと、今回は安田記念の展望をお届けしてまいります。◆遅くはない、けど速くもない淀みのないペース金…

【重賞ポイントチェック_安田記念(2018)】センス無男の安田記念予想ポイントチェック

どうも皆さん、こんばんは。センス無男でございます。ん?どうしてセンス無男か、て?それは先週の更新を見ていただいた方なら、もうおわかりでしょうから、その辺は「お察しください」ということで、これ以上つづけると言い訳やら恨み節やらで終わってしま…